忍者ブログ

深い川

管理人が描いた、wet、着衣入浴など、服を着たまま濡れた女の子の絵をさらすページ

なんか唐突ですけど

今から約17年ほど前、とある雑誌の付録についていたPS初代の環境で作られた今で言う同人?ゲームのはしりみたいなレーシングゲームをご存知の方っていますか?

なんてまわりくどい言い方でなく、DPS-Dの確かD6に収録されてた、ネットやろうぜって企画のHover Racing ってゲームなんですが
まあF○eroのオマージュ的な感じのRCGなんですけど、あれにすっごくはまって、未だにたまーにやりたくなるんですよ
で、なんでそんな話をしたかっていうと、ゲームとかってやらなくなって久しいんですが(あ、でもサモナイ5とさよなら海腹川背はやったわ)そういうゲームとか漫画とか小説とかって、一体何が原因でそうなってるんでしょうかね
別にずーっと、例えば好きな歌手のように数ヶ月のサイクルで聴いたりなんだりしているものと違って
ほんとに数年後とかにふと思い出して味わいたくなるものってありますよね
で、そうなったときに手元に無い!!ってのが怖くて、未だに中学時代の雑誌やらトレカやらが実家の本棚にしまってあるわけなんですけど、年をとるごとに、そういうものとの出会いが少なくなっていっているように感じるのが、本当に怖いです
いつか自分の感性が枯れてしまったらどうしようとかって、薄々考えてしまいます

なので今年から、読んだ本、漫画類は必ず感想を書くってのを始めたんですけど
これやると感想書くのが面倒だから、馬鹿みたいに漫画ばっか買わなくなって消費が減るっていう思わぬ誤算が
…なんか昔何かで読んだことなんですけど、絵とか音楽で表現する人は、その作品の何十倍っていうた作品を消費してはじめて創作ができるっていう話なんですが、それ、あってる気がします

あーとりとめねーはなしだったよ

>NONAMEさん
昔はもっと沢山のWAMサイトがあって、種々様々な衣装が濡らされていたんじゃよ…

拍手

PR