忍者ブログ

深い川

管理人が描いた、wet、着衣入浴など、服を着たまま濡れた女の子の絵をさらすページ

あけおめです

にお今年もよろしくお願いします

と言っておきながら、去年イベント色々出てみて思った話でもまとめてみようかと

なんの事はない、単純に、今のコミケで創作少年(オリジナル少年・青年向けマンガかつ、18禁描写の無いもの)で申し込みをすることの意味の無さ、についてです

※このような書き出しにしてしまうと、色々と意見がある方もいらっしゃるかと思いますが、あくまで私個人として、かつてコミケでも創作少年で出していたことも踏まえての私見が大きいので、適当な事言ってる、程度に流していただければ幸いです

まず、C90およびC91の配置について、創作少年ははっきり言いまして、かなり冷遇された配置にされているように感じています。
C90では3日目の西1・2、C91では3日目新設の東7。簡単に言ってしまえば、孤立した所へ追いやられてしまっているかのようです。3日目という特殊性や場所を考えていただければ、多少そう思っていた人もいるのではないでしょうか。
配置の関係等で仕方が無い、というのはよく言われている意見かと思います。別に、単にやっている人が少ないジャンルであれば、それは致し方のない事なのかもしれません。しかし、創作全体のジャンルとしてになってしまいますが、恐らくオリジナル同人というジャンルは、今日本において屈指の勢力を伴っているのではないでしょうか。

年4回開催のコミティアと各地で開催されているコミティア。創作少年だけではなく、少女マンガや各種創作ジャンルを含んでしまいますが、5月の東京ティアなど、拡大開催時は、東1~3など、ぶち抜きでの開催も恒例となっています。また、私的な感覚で申し訳ないのですが、多分ティアの方が島の中がせまいので、より密集して配置されているように感じます。つまりは創作自体、艦これや東方などにひけを取らないくらい、同人活動としてメジャーなジャンルになっているように思われます。しかし、そういった背景の割りには、コミケにおいて与えられている場所が少なく、離れた場所に追いやられているように思われてなりません。

将来的な予想、というより妄想じみた話ですが、恐らくこのままですとコミケからオリジナルジャンルは分離されてしまうのではないでしょうか?
と言いますのも、実はコミティア参加者の中には、コミケ不参加というサークルがかなり多く存在しているからです。去年のような不遇な扱いが続くようですと、ますますこの傾向は強くなっていくでしょうから、近い将来、コミケ会場の狭さ等を考えると、完全に住み分け、という風になってしまう日も来てしまうのではないでしょうか。

コミティアとコミケは、かなり違うイベントです。回り方も違うし、買い方、売れ方も違います。それはそれで面白いのですが、どうしても、やっぱりどうしてもコミケの現在持っている一番大きな魅力である、「日本中、あるいは海外からも参加者が来る」というところまで、まだ現在の東京コミティアの拡大開催回は至っていないように思えます。そうすると、創作少年というジャンルは、全国規模でサークルが集まれる機会、というものを失いかねないのです。
早く、コミティアが、せめて東全部使う規模の一大イベントになって、コミケの穴を埋めるようになるか、もしくはビックサイトがさらに拡張され、コミケでの抽選漏れ等の問題が解決され、日本全国からオリジナル同人が集まれる場所が出来ることを願っています。

なんてことかいたけど、ようは今年の東7、ちょっとかなりあれだったってことですよ。
まあでも、コミケってその性格上、パロディメインになってしまうのはしょうがないのかもしれないですけどね…もっとオリジナル同人面白い本多いから、機会があったら回ってみてねって話。

拍手

PR