忍者ブログ

深い川

管理人が描いた、wet、着衣入浴など、服を着たまま濡れた女の子の絵をさらすページ

くぅ~疲れました!!

土日と当直でしたよちくしょうが
そして明日から通常営業ですよ全く…

それとは全く関係ないんですが、なんだか最近書店で面白い本を見つけては読むのがマイブームになってます~といっても文庫本程度ですけどね
でもおかげでマンガが全然すすんでいないという状況・・・あかんね・・・
それじゃあまずいと早速表紙を書こうとパソコンを立ち上げ、ブラウザを開いたらニートが増加してるって記事が
へーやっぱどんどん増加してるんだ~これじゃ景気がいくら回復したって、経済なんて(というか日本の閉塞感なんて)なおりゃあしないでしょうね~だって、誰もが働きたくないって世の中になってきてるんですもん、最終的には一部の働く人がその他大勢の働かない人を負担するか、それとも切り捨てるのかってことになっていくんでしょうけど、どう考えたって後者にはなりようがないでしょうね~なんてったって真面目に働いてる人なんて、これからどんどん少なくなっていくんでしょうからね
今読んでる本の半分受け売りなんですけど、人類が繁栄していく歴史ってのは、自分の食料の確保をどうするかっていう手段の変遷の歴史でもあったと思うんですが、狩猟採集から始まった食料自給の手段は、農耕の開始と共にインフレ的に同一面積の土地から獲得可能なカロリーを増やす工夫につながっていったわけですが、それと共に人口も増加の一途をたどり、ついには過密地域(中央)が他の過疎地域(半周縁、地方)を植民地支配しても足らなくなってしまいました。で今度はそういう経済活動の上層として金融だの娯楽だのって色々な食糧需給とは関係のない一種の虚構的な経済活動を繰り広げて、見た目上はなんとか体裁を保とうと思ったけど上手くいかず、結局労働者から世界的規模で簒奪をして必死に再分配を行うって方向へと進んでいっちゃったのが90年代以降の20年くらいの流れだと思うんですが、とうとうその流れも此処にきて終わりを迎えそうですね~
自分が嫌だから働きたくないって思う人ってのは、ものすごく正直でまともなんだと思いますよ。なんたって巷の非正規労働者は、その時間的拘束に対する対等な賃金を支払われてはいないですからね(もちろん例外はあるでしょうけど)。正直な話働いたら負けってのは凄くまともな感情だと思います。それなら地球規模で労働なんぞ放棄してやるっていうこの世界的なニートの増加の帰結としては、当然昔から何べんも繰り返されてきた富の再分配をめぐる争いへと変わっていくべきでしょうし、そうなっていくことは、今いやいやながらも働いてる人へも大いなる希望を与えることだとも思うわけです。ニートっていう言葉で資本家はごまかしてますが、すでにこれだけの規模になっている現状、同時多発的無期限ストみたいなもんですからね~
で、なにがいいたいかと言いますと、もしも今無職とかニートで月曜日を迎えるのがきついって方がこのサイトを見ていたら、伝えたいことがあるわけですよ(自分も昔2年ほどニートしてた時期がありましたからね)とりあえず月曜に働きに行く不幸な他人を哀れみつつ、ネットで一日潰すんでなくて、図書館でもいって興味のある分野の棚を一列ぐらい読んでみましょう(もちろんきちんと最初から読む必要はありません、ざっと目を通して、気に入った本を重点的に読みましょう)濫読は自分自身の心に芯を作る作業みたいなもんです。で、それに飽きたら絵や小説を創作しましょう。別に3Dモデリングでも陶芸でも木工でも版画でも、ぶっちゃけなんでもいいでしょうけど、コスパ的には紙とえんぴつだけで作れる絵か小説がもっとも手軽です。創作の為に本を読んでもいいでしょう。重要なのは、ネットで得られる知識ってのは共有可能な知識であって、誰もが知りえる手垢のついた知識でしかないってことです。その点本てのは共有範囲が狭い分、他人との明確な知識の差を生みやすいですからね。あ、ただ出来れば小説とかでなくて、専門書とか古典とか普段あんまり読まないようなものの方がいいかもしれませんね。ラノベもあんまりおすすめしません。で、創作についてはまずは下手でも繰り返せば上手くなるので、何でもいいから繰り返しやってみましょう。重要なのは最後まできちんと完成させるってことです。途中で投げ出しそうになったら、なんでもいいから完成させてしまいましょう。それを繰り返していけば、ニートだろうと何であろうと、何かを作り出せる人間になれるわけです。これは心の芯を太く、あるいは多彩にしていきます。
それらを繰り返していくうちに、ただの消費者であった貴方は、きっと何がしかの価値を生み出せる人間になれるはずです。これはニートだろうと何であろうと、人生において非常に強い自信に結びつくはずです。今幸運にしてその時間がある人は、ぜひそんな行動をしてほしいです。

なんて書きましたが、正直時間がなくてやれない個人的に楽しそうなこと、なんですよね~これ
ああー時間があったあの頃に戻りたい・・・つうかマンガかかないと(ぉぃ

拍手

PR