忍者ブログ

深い川

管理人が描いた、wet、着衣入浴など、服を着たまま濡れた女の子の絵をさらすページ

あーあかんわ

2月のティアは新刊ありません多分

何かペーパー的なものは持っていければって思いますけど…

何かダメです…途中まで、話出来て下書き描いてたんですが、間に合いそうもないっす
もうちょっとしっかり話を練らないとダメですね…まあ、5月には仕上げる!!って決意で頑張りますよ~

閑話

絵って、自分でも意外だったんですが、カラーで最初描きはじめた時って、大体1枚30分くらいで描けてて、何でプロって時間がかかるんだろーとかナメた事を思っていたんですが、段々慣れてくると一々こだわり出して、細部まで描きこむようになっていって、結果時間がやたらかかるようになっていったわけですよ。
で、あーこういうことかーって一人納得してたんですが、最近になって、中には描きなれると時間かからなくなるって言っている人がいる事に気がついたんですよ。
確かに時間かけずに描くのって重要ではあるんですが、そもそもそういう人って、あんまり描きこんでない人が大半なんですよね。それはそれでキャラクターチックなデフォルメとかそういう絵柄とかってことはあると思うんですが、その路線ってかなりセンスが無いと他から見てかわいく見えないと思うんですよ。
で、センスが無い自分が行き着いた先なんですが、服のシワとか髪の毛まで出来るだけ線を増やせば、とりあえず何となくごまかせるような気がするって結論なんですよ。
だから、ある程度描き慣れたけど、何かあんまり上達しないって思ってる人は、前髪の分け目が三つあるキャラを描く場合、そのわけ目の間にきっちり分けきってない髪を1~2本描くとか、目のまつ毛をただ線描くだけじゃなく、何本か重ねてみたりするとか、瞳の中を無駄に色を重ねてみるとかすると良いと思うんですが、どうでしょうか?
バランスとか体の構造とか、そういう前段階として、とりあえずキャラの前髪を増やしてみることをオススメしてみることを今思いついたので描いて見ました。
あと、トレペでトレスするとか絶対重要なんですよ。私も今でも練習してます。絶対大暮先生とか上手い神漫画家の載ってる雑誌切り抜いてトレースするの上達する近道だと思います。あと、そうやってトレスとか模写するとオリジナリティが…とか思う人は、一回トレスした絵を今度は横に置いて模写してみて、トレペに重ねてみることをオススメします。そこで例えば腕が短くなったり、ももが太くなってるはずなので、それはそれでオリジナルになっちゃってますよねって話。
いや、そもそも誰かの影響で絵なんて描き始めるんだから、オリジナリティなんてあって無いようなもんで云々

拍手

PR

なんだか最近

再び咲にはまってたりします
多分きっかけは実写化のせいで書店でフェアが打たれているため
今まで続刊買ってなかったんですが(11巻で止まってた)最新刊まで買った上、もうすぐ阿知賀編が全巻届く予定
てか、バンブレの人が描いてたりしたんですね~

咲一巻、初版発行が2007年1月25日ってなってる
もう10年経つのか~
一緒に当時の広告が入ってたけど、すももが絶賛放送中とか、もうよくわかんないな10年前

拍手

あけおめです

にお今年もよろしくお願いします

と言っておきながら、去年イベント色々出てみて思った話でもまとめてみようかと

なんの事はない、単純に、今のコミケで創作少年(オリジナル少年・青年向けマンガかつ、18禁描写の無いもの)で申し込みをすることの意味の無さ、についてです

※このような書き出しにしてしまうと、色々と意見がある方もいらっしゃるかと思いますが、あくまで私個人として、かつてコミケでも創作少年で出していたことも踏まえての私見が大きいので、適当な事言ってる、程度に流していただければ幸いです

まず、C90およびC91の配置について、創作少年ははっきり言いまして、かなり冷遇された配置にされているように感じています。
C90では3日目の西1・2、C91では3日目新設の東7。簡単に言ってしまえば、孤立した所へ追いやられてしまっているかのようです。3日目という特殊性や場所を考えていただければ、多少そう思っていた人もいるのではないでしょうか。
配置の関係等で仕方が無い、というのはよく言われている意見かと思います。別に、単にやっている人が少ないジャンルであれば、それは致し方のない事なのかもしれません。しかし、創作全体のジャンルとしてになってしまいますが、恐らくオリジナル同人というジャンルは、今日本において屈指の勢力を伴っているのではないでしょうか。

年4回開催のコミティアと各地で開催されているコミティア。創作少年だけではなく、少女マンガや各種創作ジャンルを含んでしまいますが、5月の東京ティアなど、拡大開催時は、東1~3など、ぶち抜きでの開催も恒例となっています。また、私的な感覚で申し訳ないのですが、多分ティアの方が島の中がせまいので、より密集して配置されているように感じます。つまりは創作自体、艦これや東方などにひけを取らないくらい、同人活動としてメジャーなジャンルになっているように思われます。しかし、そういった背景の割りには、コミケにおいて与えられている場所が少なく、離れた場所に追いやられているように思われてなりません。

将来的な予想、というより妄想じみた話ですが、恐らくこのままですとコミケからオリジナルジャンルは分離されてしまうのではないでしょうか?
と言いますのも、実はコミティア参加者の中には、コミケ不参加というサークルがかなり多く存在しているからです。去年のような不遇な扱いが続くようですと、ますますこの傾向は強くなっていくでしょうから、近い将来、コミケ会場の狭さ等を考えると、完全に住み分け、という風になってしまう日も来てしまうのではないでしょうか。

コミティアとコミケは、かなり違うイベントです。回り方も違うし、買い方、売れ方も違います。それはそれで面白いのですが、どうしても、やっぱりどうしてもコミケの現在持っている一番大きな魅力である、「日本中、あるいは海外からも参加者が来る」というところまで、まだ現在の東京コミティアの拡大開催回は至っていないように思えます。そうすると、創作少年というジャンルは、全国規模でサークルが集まれる機会、というものを失いかねないのです。
早く、コミティアが、せめて東全部使う規模の一大イベントになって、コミケの穴を埋めるようになるか、もしくはビックサイトがさらに拡張され、コミケでの抽選漏れ等の問題が解決され、日本全国からオリジナル同人が集まれる場所が出来ることを願っています。

なんてことかいたけど、ようは今年の東7、ちょっとかなりあれだったってことですよ。
まあでも、コミケってその性格上、パロディメインになってしまうのはしょうがないのかもしれないですけどね…もっとオリジナル同人面白い本多いから、機会があったら回ってみてねって話。

拍手

古典部シリーズの新刊~~

残業せず近所の本屋へ直行して、買ってきて読了

いやーやばい
何が面白いか、展開がどうのとかそういうのではないんだけど、人物の心情とか人間の感情の醜さや美しさが、こんなに上手く伝わってくるような文章書けるなんてずるいって思いながら読んでました
で、思わず過去作も読みたくなって本棚を探すも見つからないorz
丁度アニメ放送後くらいに買ったんですが、もしかしたら一番幸せな出会い方だったのかもしれないっすね
というのも氷菓って、放送時ぜんぜん観てもいなかったんですよ、評判は聞いてたけど、いまいち観る気にならなかったので
でも、ふと立ち寄った書店で見かけた文庫が、表紙のデザインがアニメ版になってる文庫だったわけですよ
そうするとキャラデザ良いし、作者の他の本は何冊か読んだことあったし、外れはないだろって買う気になって、そのデザインで想像しながら読むわけじゃないですか
すっごいはまって、数日中に全巻読破してしまいましたからね
その後アニメも全部観たりして
そんな感じで、自分個人としては古典部シリーズは京アニのあのデザインと切っても切れない感じになってる訳ですが
これはもっかい京アニ映像化するしかないっすよほんと

拍手

このところきちんと更新できてる!!

と言っても雑記だけど

濡れフェチって、一言で言っても中身の細かい趣向は千差万別で、透け感とか重厚感、あるいは衣装のバリエーションとか、場所や透明、不透明と粘度の違いとかあるし、そこにメッシーも入ってきてしまうと、もう訳わかんないくらい細分化された趣向が存在していますが
今まで濡れフェチにある程度共通して含まれているものについて、羞恥心とか罪悪感と言ったマゾ的なエッセンスなんじゃないかと思っていたんですが、今になって、どうもそうでないのではないかと感じるようになって来ました
というのも、例えば既にそうなるであろうことが予見されているにも関わらず、それを受け入れた上で「楽しんで」いるシチュエーションのものって結構あって、それって何か羞恥心とか罪悪感とかが存在しているかというとそうでもなくて、むしろ逆にそこには純粋に濡れることが嫌いじゃない、むしろ好きなくらいの女の子の妄想が存在しているわけですが
それってSM的な思考で例えると、そういう感情的なものってあんまり無くて、どういうことなのかと考えた結果、人間にあまりスポットを当てていない、衣装だけ濡れていれば中身がどうであろうとそこまで関係がないって人が抱きやすい妄想なのではないかと思いついてしまったのですが、どうなんでしょうか?ってそれはとりあえず置いておいて
某漫画の神様の作品で、三○目が~の中に和○さんて女の子が出てきますが、どうやら私にとってそのキャラクターはそういった趣向の原点的存在なのではないか、と、古本で大型版を買って読んだ結果思い至った次第なのですが、要はキャラクターが望まないのに無理やりそうさせられる、とか、そういったシチュエーションありきなんですよね自分は恐らく

つまり、ただ単に濡らされているだけでなくて、嫌がった表情の方がより好きなので、だから私の絵の子は大体みんな八の字まゆげか諦めた表情が多いんですよって話で、逆に含み笑いとかしている表情の場合は、既にその子自身がかなりの濡れフェチなんだろうなーって設定になっているのかもしれないと今気がついたという話

拍手

そういえば

夏コミおわったあたりから、ちょっと作画環境が変わってしまいました。

何のことはない、ペンタブとペンの間においていた、ダイソーのデスクマット(半透明)がついに両面とも、筆圧に負けてつるつるになってしまって、書き味がダメになっちゃったんですよ

このペンタブ買ってからなので、かれこれ5年ほど愛用していたんですが、替わりのものを買いにいったら、現在は販売されていないのか、どこの店行っても置いてないんですよ…
何が良かったって、ペンタブの痛みをかなり低減してくれて、かつ滑りもそれなりにひっかかりがあってかきやすいっていう、素晴らしい100円とは思えないほどのアイテムだったんですが
仕方ないのでかわりになるものを探していて、薄ーいまな板とか粘土マットとか色々と試してみてはいるんですが、これってものにまだめぐり合えていないのが残念なんですが

結局今は紙をペンタブにマスキングテープで貼って使ってます
これもどうなんだろう…冬のペン入れまでには何かこれってものを探さないとなぁ

拍手

もうちょっと掲示板のほうもきちんと運用を考えないと



と思いつつも何もできなかったので
今度からSSの挿絵的なものは向こうにアップしていきます
というか、それぞれ掲示板とツイッターとブログって形で運用を分けたりした方がいいんですかね?

あんまりやりすぎるとめんどくさくなるだけだから、まあ、当面はゆるーくやっていけはいっか

掲示板~

拍手

この美のBD届いた!!

まあ映像よりもサントラ目当てだったんですけどね
高すぎ…サントラ高すぎ…
ほんとこういう特典商売勘弁してほしいわ
世の中にはサントラだけ欲しい人だっている訳で…

って考えてみたら、もしかして一定数そういう人がいる為に
あえて特典としてサントラを付属してる…?
サントラマニアが結構、部数稼ぎに役立っている…?

閑話

内容はかなり良いんではないでしょうか?まだ全部聴いてないですけど
メインがピアノの曲が結構あるし、全体として結構エレクトロな曲調が多いのに
案外クラシックな要素とか、伝統的なものへのオマージュとかも含まれていて
非常に聞きやすいサントラだと思います
惜しむらくは一曲が短いとこですかね
じっくり聞きたい曲とか結構あるんで、よりぬきでもいいんでロング版作ってOST単独で
出して欲しいなー

あーきっと特典のためだけにBD買い続けそう…

拍手